くまだ裕通 メールマガジン4月5日号 Vol.24

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

くまだ裕通 メールマガジン4月5日号 Vol.24

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。

いつもご支援賜り、誠にありがとうございます。
さる3月29日、総額96兆7218億円の平成28年度予算案が参議院本会議で可決、成立致しました。安倍総理は予算成立後に記者会見を開き、景気を支えるため予算を前倒しして執行することを表明しました。
年金・医療・保険などの社会保障費や地方交付税、公共事業予算等を含む28年度予算が年度内に成立したことは、日本経済の安定成長を確実なものにするためには何よりも重要でありました。国民生活を安定させデフレ脱却を確かな物にするため、安倍政権の一員としてこれからも内閣を支えてまいります。

さて民主党と維新の党で作る新党が党名をネット等で募集、新党の党名は「民進党」に決まったようです。そもそも政党同士が合流する際、政策や綱領で意見を出し合うならともかく、第一の議題が党名とは、いったいなんのための合流かと言いたくなります。しかも合流する議員の半数は、かつて民主党の政策とは合わないとして民主党から出て行った人たちです。もはやなりふり構わずの感を禁じ得ません。

この夏には参議院議員選挙が控えています。愛知県では藤川政人県連会長が自民党公認候補として、また友党公明党公認候補の里見りゅうじさんも、自民党が推薦させて頂き立候補予定ですが、今回の選挙から定数が3から4に増え、激戦が予想されます。
自公の安定政権をより確かなものにするのか、共産党まで含めて選挙協力する野合勢力を支持するのか、天下分け目の戦いです。
立派な成績で当選してもらわなければなりませんが、衆議院の私も常在戦場のつもりで、いつ解散があっても対処できるよう、気を引き締めて政治活動を進めてまいります。

衆議院議員 くまだ裕通(くまだひろみち)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

※こちらのメールは、くまだ裕通メールマガジンにご登録いただいた方
もしくは、名刺交換をさせていただいた方にお送りしております。
万一、お心当たりのない方、配信停止を希望される方は、恐れ入りますが
文末のメルマガ登録解除アドレスへ空メールをお送りください。

くまだ裕通WEBサイト
https://www.kumada-hiromichi.com/

くまだ裕通Facebook
https://www.facebook.com/kumadahiromichi/

メルマガ登録解除アドレス
letter@kumada-hiromichi.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆